物販における機会損失の考え方

こんにちは! 岡 克己です。

 

今日は 物販における機会損失の考え方 についてお話しようと思います。

これはBUYMAでもAmazonでもeBayでもとっても大切な考え方になります。

 

zaiko-1

 

 

 

 

 

 

 

そもそも 機械損失 の意味ですが 金融特報サイトの表現を抜粋させて頂きますと

 

 

機械損失

=簡単に言えば、「稼ぎ損ない」や「儲け損ない」のことをいいます。

これは、実際の取引(売買)によって、発生した損失ではなく、最善の意思決定をしないことによって、より多くの利益を得る機会を逃すことで生じる損失のことを意味します。

例えば、ビジネスにおいては、営業面で「買い需要」があって、売る側に売る意志があるにも関わらず、売る側の原因(問題)により、本来もっと売れたはずのものが売れない場合などに生じます。

この場合、具体的な問題としては、在庫切れや仕入れ不足、需要の読み間違えによる生産計画の失敗などが挙げられます。

 

────────────────────────────────────

 

 

具体的にいいますと

 

・BUYMAでいうなら
有在庫販売で売れまくっている商品が手元に在庫がなくなって、仕入先に確認した所もう購入できない。。。。

 

・Amazonでも、FBAに突っ込んだ商品が 売れる 売れる !!
やばい!このままだと、次FBAに納品するまでになくなってしまう。。。

実際にFBAに在庫がなくなり、他のセラーが売っている。。もったいねぇ〜

 

 

みたいなやつです。

 

経験がある人も少なくないんではないかと思っています。

 

もっと利益とれたぁ。。

もっと仕入とけばよかったぁ。。。

 

ってやつですね。

 

これに対しての対策ですが

 

いったってシンプルです。。

 

 

。。。。

 

 

。。。

 

。。

 

 

” 需給のギャップをできる限り減らす ”

 

です。

 

ひらたく言いますと、きちんと需要に見合った分を供給できるようにしよーぜ!

 

ってことです。

 

いやいや、言ってること当たり前やん!笑

 

ってなる方もいるかと思いますが、同じ商品を他のセラーやバイヤーが売っている中、
正確な需要を予測を立てるのは難しいと思います。

 

(自分しか売ってない物、総代理商品、OEM商品などだと自分の在庫の回転のみで予測できますが。)

 

ほな、どうやるん〜??

 

ってことですが

 

①ツール等で過去の販売数を正確に分析する

②何かの根拠があれば 少し多め(強気)に仕入れる

 

の2点だと思います。

 

 

①ツール等で過去の販売数を正確に分析する

 

これですが、BUYMA・Amazonは素敵な時代になってきました。
BUYMAならバイヤーコンパス
Amazonならあまログなどで

簡単に販売数が確認できますね。

 

 

 

自分以外で同じ商品を扱っているセラー・バイヤーの販売数を全て確認できれば
この商品は1ヶ月で◯◯数売れる見込みがあることが分かると思います。

 

最安値で売れば基本的に受注は自分に集中しますので、それに近い数は仕入れても売れるということが予測できます。

もちろん、水着やダウンジャケットのような季節物は前月の売上数と大きく変わる可能性があるので注意が必要ですが。

 

 

 

②何かの根拠があれば 少し多め(強気)に仕入れる

 

これは慣れてきたらでいいと思いますが

 

 
” 何かの根拠があれば ” 積極的な仕入れ(在庫を抱えてみるのは)はありです。

 

例えば

 

・セール中

・色んなプラットフォームで売れる

・元々発送が遅い仕入先

・送料を抑える時

・四季問わず売れる見込みがあるもの

・1年後でもトレンドに左右されずに売れるもの

 

 

などがそうですね。

 

 

この辺は経験も必要ですが、これらの感覚がついていくと在庫リスクの可能性がグッと軽減できます。

 

この感覚をスピーディーに身につけるには

 

 

” 在庫を抱えたときにきちんと売れているスピードを確認することです ”

 

やった!今日も売れた!

 

で終わってはだめということです。

 

今回は20個仕入れたけど、3週間ではけたな!

とかいう感覚です。

 

FBA納品している方は当たり前にしていると思いますが、

 

BUYMAで在庫を持つ人はここの分析が甘めになってしまうのでしっかりやっていきましょうね!!

 

 

ではでは! 本日もありがとうございました^_^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015-07-22 | Posted in BUYMA 上級, BUYMA 中級, 物販No Comments » 

関連記事

Comment





Comment