偽サイトかどうか迷った時の見分け方 その2

こんにちは!

岡 克己です。

 

BUYMAを初めて間もない方々は仕入先を探す時は

このサイト偽サイト?

って悩む時ありますよね。

BUYMAは偽物売ると即アカウント停止です。

CMで偽物は0,001%未満のと公に公表してるくらい
そこは物凄く大切にしているプラットフォームです。

 

仕入先のHPが健全かどうか確認するときに使うものとして

以前の記事で

 

Alexa(アレクサ) を紹介しました。

Alexaとは

米Amazonの子会社が運営している、ウェブ巡回技術を使ってウェブサイト情報や利用状況に関する世界中のデータを集め、そこのウェブサイトがどれだけの人に見られているかを調査している会社です。
この膨大なデータからサイトのアクセス数の順位をだしてくれる機能があります。

 

 

参考記事

http://katsumioka.com/?p=159 偽サイトかどうか迷った時の見分け方

 

 

 

今回はAlexaと同じくらい使えるものをご紹介します。

というかAlexaとこれで基本完璧です。

 

 

 

 

 

 

 

それがこちら

archive(アーカイブ) です!

(正式名称 Internet Archive (archive.org))

 

アーカイブ?

 

何やねん!それ!

 

って思うと思いますので簡単にご説明すると

 

” ネットの運用歴を確かめる サービスです ”

 

ネットでの説明では

 

インターネット・アーカイブ(The Internet Archive)は、WWWマルチメディア資料のアーカイブのひとつを運営している団体である。本部はカリフォルニア州サンフランシスコのリッチモンド地区に置かれている。

アーカイブにはプログラムが自動で、または利用者が手動で収集したウェブページのコピー(ウェブアーカイブ)があり、これは「WWWのスナップショット」と呼ばれる。その他、ソフトウェア映画録音データ(音楽バンド等の許可によるライブ公演の録音も含む)などがある。アーカイブは、それらの資料を無償で提供している。

参照 Wikipedia

 

インターネットアーカイブは世界中のウェブ情報を代表とするさまざまなデジタル情報をアーカイブしている非営利法人です。1996年にBrewster Kahle氏によって設立されました。

インターネットアーカイブはなぜデジタル情報を集めているのでしょう。それはデジタル形式で保存された歴史資料を、研究者や歴史学者ひいては全世界の人々が将来にわたって利用できるようインターネット上に図書館を作るためです。保存しているデータ量は年々増加し、2012年10月にはついに10ペタバイト(約100万ギガバイト)を突破しました。当初、インターネットアーカイブはウェブ情報の保存に力を入れていましたが、現在は、電子書籍や動画、音源などの保存にも取り組んでいます。

 

 

参照 国立国会図書館

 

など、すこしピンとこないと思いますが

 

物販ビジネスで利用される方は

” ネットの運用歴を確かめるサービス ”

この認知で大丈夫です。

 

使い方はとってもシンプルで

 

スクリーンショット 2015-07-20 15.01.07

 

 

ここに確認したいURLを突っ込むだけです。

 

例えばですが

 

正規店のCOACHのURLを突っ込むと

 

 

スクリーンショット 2015-07-20 15.05.19

 

 

 

こんな風に黒の棒線がでてきます。

この黒の棒線があればその期間そのサイトは活動していたということです。

言い換えますと

Googleから消されずに活動できていたということなので ” 健全なサイト ” としてみなせます。

 

 

逆に怪しいサイトは

 

 

スクリーンショット 2015-07-20 23.09.40

 

 

こんな感じで履歴がありません。

 

ってなります。

 

これが出たら基本的に注意です。

 

使わないほうがいいでしょう。

 

ではいったいこの機能いつ使うねん!

 

 

Alexaで20万位以上(20〜70万位くらい)

 

でサイトで見つかった時に使ってみましょう。

 

Alexaの記事にも書きましたが、

 

Alexaで20万位以内はひとつ目安であって、
それ以上の順位であってもけして偽サイトではないことが多々あります。

最近出てきたブランドや、元々、そこまで有名ではないブランドとかがそうです。

 

そういうところは正規店のHPでもまだまだアクセス等がたりずに20万位以内に入れておりません。

 

そういう時は歴史を調べて確認したらいいのですね(・∀・)

 

だいたい2年前以上から存在しているサイトだと安心していいと思います。

 

Alexa(アレクサ)

archive(アーカイブ)

この2つを使いこなしてきちんと正規店で仕入れて下さいね☆

 

 

ではでは^_^

2015-07-20 | Posted in BUYMA 初級, 物販No Comments » 

関連記事

Comment





Comment