無在庫販売・有在庫販売どっちがいい?その3(まとめ)

こんにちは!岡 克己です!

 

Cardboard boxes on white

 

 

”無在庫販売と有在庫販売どっちがいいですか??”

の続き第3弾です!というかまとめです!

 

 

第1弾はこちらから☆

http://katsumioka.com/?p=79

 

第2弾はこちらから☆

http://katsumioka.com/?p=109

 

 

 

 

 

第1弾・2弾をまとめると

 

 

”無在庫販売と有在庫販売どっちがいいですか??”

 

 

という問いに対して僕の結論は

 

 

 

”無在庫販売・有在庫販売にはそれぞれ良し悪しがあって
一概には答えられない”

 

でした。

 

 

無在庫販売・有在庫販売それぞれの特徴は

 

────────────────────────────────────

無在庫販売 メリット

1 在庫を持たなくていい
2 資金の回転が早い
3 在庫スペースがいらない
4 大量の商品を出しデータが取れる
5 システム化しやすい

 

無在庫販売 デメリット

1 ライバルが多く、薄利多売になりやすい
2 受注が来た時に在庫切れになる可能性がある
3 受注をキャンセルした時のアカウントの健全性
4 FBA納品できない(Amazon)

有在庫販売 メリット

1 売りやすくなる
2 安く買える
3 FBA出品ができる

有在庫販売 デメリット

1 不良在庫の可能性
2 商品の価値が下がる時ある
3 資金繰りを意識しないといけない
4 在庫スペースが必要

────────────────────────────────────

って所で終わってました。

 

 

まとめをみても分かるように、どっちがいいのかは一概にいえないです。

 

 

ですがぶっちゃけると

リサーチ力、資金力があるなら有在庫にした方がいいとは思っています。

明らかに売れやすくなるからです。

従って売上が上がるスピード感は有在庫の方が上ですね。

まぁ、売れるかわからないものに、最初から10万円で仕入れたりするのは怖いと思いますので

 

初めは

 

無在庫販売である程度成果を出す。

リサーチ力が身につく

在庫を少しもってみる

在庫が売れる経験がつく

 

 

のサイクルからでもいいかなとは思っています。

 

でも最終的には”売れる”在庫を抱えているのが大事かなと。

いい状態は安く仕入れるルート、あるいは自分固有の仕入れルートで
在庫を常に回しているのが理想だと思いますね。

 

BUYMAで例えると

100〜200品しか出していないのに月商300〜400万円を出してる人いますよね。

あれが有在庫の理想系かなとは思います。

 

何かの参入障壁で真似されにくくなっているんですよね。ああいう人達は。

そこに如何にして自分もなれるかが大切だと思います。

この有在庫戦略に加えて無在庫販売がほぼ自動化されているのが

究極ですね!

最強のハイブリッド型だと思っています。

この形に近づくために私自身、現在も頑張っています^_^

 

有在庫販売、無在庫販売それぞれ突き詰めていくと

両方戦略・戦術がありますが、今日は大枠の考え方で^_^

それではまた!!

 

 

 

 

 

 

 

 

2015-06-27 | Posted in BUYMA 中級, 物販No Comments » 

関連記事

Comment





Comment