無在庫販売・有在庫販売どっちがいい?その1

こんにちは!岡です。

これけっこう聞かれることなんですけど

”無在庫販売と有在庫販売どっちがいいですか??”

っていう質問。

t02200146_0275018313197943650

BUYMAって無在庫販売・ノーリスクで稼げるって

ワードで参入する方多いんですが

ある程度の段階に入ると在庫バイヤーが現れ

このような悩み事が出てくるんだと思います。

もちろんBUYMAは無在庫、ノーリスクで稼げます。

そもそも無在庫販売ってとっても魅力的なビジネスモデルです。

リスク0なんですから!

無在庫販売は文字通り在庫を持たず、

商品を販売(出品)して、商品が売れたら、

その売れた商品を仕入れて発送です。

 

BUYMA以外でも

ネットショップ、Amazon輸出、eBay輸出とかも

無在庫いますね。というかいっぱい。

ヤフオクもたまーにいます笑

「海外からの発送で2〜3週間頂きます」とか書いてますね!

まぁこれはグレーな気はします。

まあこんな感じで無在庫の話ばっかりすると

ほな、無在庫の方がいいん??

ってなりますよね。

。。。。

結論から言うと私の中では

”無在庫販売・有在庫販売にはそれぞれ良し悪しがあって
一概には答えられない”

が答えです。

おい!優柔不断か!

って言われるかも知れません。。

が本当にそうなんです。

無在庫販売・有在庫販売の

メリット・デメリットそれぞれ考えていきます。

無在庫販売 メリット

1 在庫を持たなくていい
2 資金の回転が早い
3 在庫スペースがいらない
4 大量の商品を出しデータが取れる
5 システム化しやすい

 

 

1 在庫を持たなくていい

こちらに関しては言葉通りです。物販の天敵 ”不良在庫” の心配が基本的にないので初心者でもやりやすいかと思います。

2 資金の回転が早い

無在庫販売は、受注になったものだけを仕入れて販売していくので基本的に無駄なお金を使いません。なのでキャッシュ・フローは在庫販売よりも安定し易いです!

3 在庫スペースがいらない

在庫をもつと、在庫の量によりますが人によっては1部屋まるまる収納スペースになってしまいます。BUYMAでも充分あります。

もっと大きなものを扱う人は倉庫借りてますね!笑もちろんこの際に月額でいくらか払うので余計な固定費がかかる可能性がありますが無在庫販売はそのような心配はないです。

(無在庫販売でも半端ない件数を毎日取引していると分かりませんが笑)

4 大量の商品を出しデータが取れる

大量に出品してみて売れてるものを結果に基いて検証できるっていうことができます。有在庫だとほ確実に売っていかないといけないのでこのような検証をこめた出品(テスト出品)は出来ません。また売れてから在庫を抱えてみようという、安全な有在庫への転換も無在庫販売の利点です。

5 システム化しやすい

有在庫だと、リサーチが必須ですが無在庫販売では、ある程度売れているものは外注さんに全部出品だしといてもらう。一定の基準を超えたらツールで全部出品する、などの大まかな戦略でいけることもありシステム化し易いのも特徴です。BUYMAですと5000品、プレミアムバイヤー、ショップアカウントは10000品までなので限界はありますが。。ネットショップなどは無限ですね!!

無在庫販売 デメリット

1 ライバルが多く、薄利多売になりやすい
2 受注が来た時に在庫切れになる可能性がある
3 受注をキャンセルした時のアカウントの健全性
4 FBA納品できない(Amazon)

1 ライバルが多く、薄利多売になりやすい

無在庫販売は参入障壁が低いのでレッドオーシャンになりやすいです。
どんどん皆出してくるんですね。笑 ツールとかで出品してるショッパーなどは対抗できないくらいずっと出してきます。
そして必然と価格競争に陥ります。
みんなが出しているのが被ってくるからですね。。

やはりどこまでたくさん出すか、先に出しているかがが1つの差別化になってくるかと思います。

2 受注が来た時に在庫切れになる可能性がある

これBUYMAあるあるですよね。笑
無在庫販売で出す時は売れているものをそのままパクるので必然と既に人気商品になっている可能性が高いです。そして受注が来た時には→もう在庫ない。ってパターン。

無在庫販売ならある程度割りきらないといけません。

3 受注をキャンセルした時のアカウントの健全性

2の話で
キャンセルになった時Amazonでしたら痛恨のダメージです。連続2,3回で普通にアカウント凍結されます

BUYMAでも初期の段階で50%を切ると警告がきて最悪そのままアカウント停止になることもあるみたいです。無在庫販売はこの危険がありますので、気をつけないといけません。

4 FBA納品できない(Amazon)

当たり前ですけど、FBAに出荷できません。
自社発送やメールのやり取りは結構手間です。。

BUYMAでも輸入したものをAmazonと併売もできますが無在庫販売なら難しいですね。

まとめると以下になります。

無在庫販売 メリット

1 在庫を持たなくていい
2 資金の回転が早い
3 在庫スペースがいらない
4 大量の商品を出しデータが取れる
5 システム化しやすい

無在庫販売 デメリット

1 ライバルが多く、薄利多売になりやすい
2 受注が来た時に在庫切れになる可能性がある
3 受注をキャンセルした時のアカウントの健全性
4 FBA納品できない(Amazon)

少し長くなったので有在庫販売のメリット・デメリットは次の記事に
書きますね☆

2015-06-23 | Posted in BUYMA 中級, 物販No Comments » 

関連記事

Comment





Comment